Mas vale tarde que nunca.

小生のブログのタイトルの意味。スペイン語で「結局やらないよりは遅れててもやった方が価値がある」という意味。私の最も愛するスペイン語の諺。



ついついベストなタイミングはこれだろうなぁ、と考えながら、そのタイミングを諸般の事情によりを逸してしまう。タイミングを逸するとだれしもバツが悪くなり、アクションを起こすことが億劫になりがちである。そんなとき、この諺が生きる。一回っきりの人生なのだから、マイペース、マイペース。タイミングや流行を逸していても、やったほうが良い、チャレンジしてみることは常に価値がある(遅きに失することなし)。

長らくこんたくとを取っていない友達に再び連絡をとることや、悪かったなぁと思いつつ、ついつい謝るタイミングを逸してしまったときにも自らを励ます良い理由になる。日本語でもそうだが、スペイン語でも一つ枕詞のように諺があると、アクションが起こしやすい。人間が人間である以上感じるバツの悪さを解消しようと、諺を人間は生み出したのかと思いをはせてしまう。

私のデジタルデバイドについても同じことが言え、ブログの世界はとうの昔に広がり、パイオニアにはどうあがいてもなれないが、パイオニアになれない、何をしても手垢のついた世界だからといって始めないのでは、いつまでたってもデジタルデバイドが広がるばかり。差がついたら、差は差として認識しながらも、一念奮起するタイミングが必要となる。マイペースをこころがければ、それはいつでも良いことなのかもしれない。そうして自ら励ましながら、勉強しながらブログワールドの住人としての地位確立を目指す。
by danpeii | 2005-10-20 01:18 | 西班牙語

マイペース、お気楽、ノン・タイムリー日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31