政治の透明化

今朝はasahi.comがヤフーが政治に関するトピックを作成したことについて報道していたのが目を引いた。午後発表というところを見落として、はりきって早速Yahoo!を開いて探したときは、時間がまだ午前のことだったので、未公表だったのだけれど、今見てみると、なかなか良く出来ている。本当にこのサイトのコンテンツが維持されるならば非常に価値あることだと思われた。

 Yahoo!みんなの政治
 http://seiji.yahoo.co.jp/

何故、これが価値のあることだと思うかと言えば、無論、これによって有権者全体の政治に対する関心が高められ(政治家の法案に対する投票行動についてガラス張りになるとともに、検索できるようになる)、また有権者としては、簡単に自らの政治における関心事について追加で調べることが出来るようになるということの他に、本来、政・官が「国民の政治に対する関心が下がるのは問題」と認識しているというたてまえを標榜している中、有権者としては、それならば政(たとえば国会)・官(たとえば総務省)がこうした情報を一般にわかりやすいように、関心を持てるようにいろいろと工夫して提供してしかるべきであったサービスが、民間のイニシアチブで先を越して出てきたと見ることができるのではないかと思われるからである。そして、政治に対する関心を高める、という啓蒙的な活動についても、国民のニーズに対して民間のイニシアチブにおいても十分答えることが出来るという手本を示しているところでも価値がある。(逆に、政治に対する関心を高める」という政・官のかけごえが、所詮はかけごえだけで、本当はあまり関心を持たないまま、任せて欲しいという本音との葛藤の中で、文字通り掛け声だおれであったということをまざまざと見せ付けるところがあるように思う。)

こうした啓蒙的なサイトの今後の発展は、①公平性(impartiality)、②継続性、及び③情報の詳しさにかかっているのではないかと思っている。(Googleのニュースサイトについては、私は少なくとも公平性が掛けていると思っており(日本の隣国に肩入れし、日本の国内世論に対しある種のバイアスをかけようとしていると見ている)、極めてがっかりしている一方、右との比較では(あくまでもGoogleとの比較でしかないが)、Yahoo!は現在のところ、私にとっては公平な運営がなされているように思っている。) そしてこのYahoo!の啓蒙的ポータルサイトが今後どのように発展していくのか、スピーディな最新情報の更新と内容の充実により、国民的注目の集まるサイトとして発展していくことに期待したい。

(※本記事を作成した際、風邪で不調だったためか、誤字脱字多数で見苦しかったので修正しました。)



ヤフーが国会議員の比較サイト まずは270人分から
2006年02月22日08時42分

 インターネットのポータル(玄関)サイト国内最大手のヤフーが22日午後、国会議員のデータベースを立ち上げる。政党や議員個人のホームページ(HP)で見られるような議員のプロフィルだけでなく、国会で審議中の重要法案についての各議員の考え方も検索できるのが大きな特徴だ。議員側が情報を更新するシステムのため、当初から参加するのは全議員定数722の4割弱にあたる約270人にとどまっているが、今後はさらに増えそう。有権者にとっては投票の際の参考にできそうだ。

 「Yahoo!みんなの政治」と題し、トップページから接続できる。利用者は、議員の政党、役職、経歴、選挙区などの基本情報と、議員側がブログのような形式で書き込む「活動報告」を検索できる。

 ここまでなら政党の公式サイトなどと大差ないが、ヤフーはここに国会で審議中の法案の検索機能もつけた。

 例えば、利用者が「議員互助年金」と入力すると、議員年金廃止法案の概要と、賛否の意見を書き込んだ議員のコメントを読むことができる。

 このほか、若者にも政治に関心を持ってもらうため、新人秘書を主人公とした政治漫画や、マニフェスト(政権公約)についての政治コラム、選挙・政治用語集なども掲載する工夫を凝らした。

 いまや大半の国会議員は個別にHPを持つが、有権者が特定の法案に対する複数の議員の考え方を比べたい場合には、それぞれのHPを見る必要がある。「みんなの政治」では、同一サイト内でこうした比較ができる「政治の総合ポータルサイト」をめざす。

 ヤフーは昨夏に「総選挙特集サイト」を設けたが、予想以上のアクセスがあったことから、政治家や政策の検索需要に着目した。「マニフェストの重要性が叫ばれるなか、各党や議員の政策の達成度を有権者が判断できる材料は少ない。今後の選挙で選択の材料となるような政治や政策の情報基盤をネット上に築きたい」(同社サービス統括部)という。

 これまでネットを使った政策比較の試みとしては、シンクタンク「構想日本」が01年から、「外国人参政権」「郵政改革」などのテーマで年に数回、議員からのアンケートを集計し、ネット上で公開している。ただ、議員からの回収率はおおむね3割程度で、これまで15回のアンケートすべてに回答を寄せたのは衆参両院で1人だけ。構想日本の担当者は「政治家側の協力が少ないのが悩みの種」と語る。

 ただ、ヤフーの月間利用者数は3834万人(ネットレイティングス社調べ)と、一般のインターネット利用者の間での知名度は圧倒的。「みんなの政治」に参加する議員の中には「新人なので多くの人に名前を知ってもらいたい」(自民党若手)、「ネット上で議員を知る有権者も増えている」(公明党中堅)などと議員側のメリットを指摘する声も強い。

(asahi.com 政治)
by danpeii | 2006-02-22 22:38 | 個と社会

マイペース、お気楽、ノン・タイムリー日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30