好きな文字

a0045621_0505460.jpg大蔵次官であった人は皆達筆なのであろうか。昨年来政府系金融機関改革が行われてきているところであるが、始まった当時、それぞれの機関の総裁が元大蔵次官であることが特に取りざたされるところがあった。大蔵次官とはどんな人か、財務官と異なり、大蔵次官が書いた本というのは余り見ない。(財務官と比べて大蔵次官の仕事は華やかさに欠けるためかと思ってしまう。確かに財務官というのはG7蔵相・中央銀行総裁会議などの会議の実務者レベルの日本代表となって取り仕切るように、日本の国際金融政策の事務方トップとして活躍する。異文化の交流も多く、国際交渉を実質的に一手に取り仕切る格好良さもあるのではないか。華やかなので書きたいことが一杯あるのかもしれない。)余り垣間見ない個人的な人格の側面についてパラっと表れるのが、自筆の署名である。これを政府系金融機関がスキャナーで読み取ってきちんと掲載している。ココココココ(最後のココの字は、個人的にはあまり美しいという気はしない)。

偉くなると揮毫する機会にも恵まれることもあろうから、小さな頃から習字だけは学ばせておくことは極めて重要であろう。字をきれいに書いておくと人に読んでもらえる(私は丁寧とは少なくとも言ってもらえている)。そして活字と同じように、書いていることがしっかり考えて書かれているように、偏見を持ってと見てもらえることがある。字が汚いとこの逆の現象が起こる。もしこれを見る子供の親である方がいらっしゃったら、私のまだ長くない人生経験から言って、習字だけはしっかり子供に叩き込んでおいてあげることは、きっと子供に感謝されることだと思いますよ。また、書道によって心も鍛錬されることもあるかもしれません。(塾に行かせるより安上がりで確実に成果が残るので、オススメ。)

さて、日本語の美しさを引き立てているのが中国から輸入した漢字。漢字は素晴らしい。大陸中国では文化大革命を経てただの音になり下がってしまったものもあり、簡体になって美しさを失った漢字が多いが、台湾には繁体文字を使っており、字は本当に美しい。意味と芸術性を兼ね備えた漢字は、読むときの効率性を高めており、沢山の記述を読むとき楽チン。そして中でも、漢字を要所でつかいつつ、音を表現するひらがなを併用する日本語の表記は本当に変化に富んでおり、読み易く美しいと思う。アルファベットは単純で汎用性に優れているけれど、アルファベットだらけの文書は飽きてくるし、変化に乏しい。漢字ばかり続く中国語はそれはそれで賑やか過ぎて疲れる。日本語の表記の適度感が好ましいと思うのである。



長い前振りだが、漢字バトンがyasuteru氏から回ってきたのでやってみた。

0)まわしてくれた人のイメージを漢字一文字で。
「君」: 君子李下に冠を正さず/君子危うきに近寄らず。。。とは正反対なほど大胆不敵な「漢」(オトコ、と読むらしい)です。それでも持って品があるものですから、どこか高貴か感じもします。包容力もあり、人でなしな発言にもかかわらず、色んな人が彼の周りに集まります。

1)自分を漢字一文字に例えると?
「太」: ダイエット中です。体は中肉に、心は太く、技は細やかに生きることを目指しています。

2)あなたの好きな漢字一文字は?
「成」: 為せば成る。

3)今年を漢字一文字で表すと?
「信」: 信じるものは救われる。信頼を失わないよう、また信頼を向上するよう、常にそれだけを心がけて頑張りたい。

4)来年はどんな年にしたいですか?漢字一文字で表して下さい。
「隆」: 今年よりも色んな発展があり、業界の盛り上がりが成果に繋がるような一年にしていきたい。

5)次にバトンを回す人10人とその人達のイメージを漢字一文字で!
突然回して申し訳ありませんが、ま、万が一気が向いたらやって見てください。

GOさん: 「発」
アイディアマンの友人。複眼と言わず多種多様な視座を持っており、常に新しいワザを追求している。日々の現象の中に色んなことを発見し、その中に潜む公理を発見し、解説してくれるとき、軽い感動を覚える。GOの解説は教育的要素に溢れている。彼の解説を一緒にたどることによって、回りの私も能力アップを図っている気がする。こういう影響を自然体で周囲に与えているのを見ると、彼の家族はスーパー家族になるのではないかと思われてしまう。その進化的発想と気力には敬服してあまりある。

なかのさん(@GREE): 「凄」
腐れ縁の友人。それ、突撃~というのが私のイメージ。なかのに不可能の2文字はない、と思われるほど、バイタリティ溢れるチャレンジを色んなことにしまくるところを私は尊敬して止まない。友人作りの名人で、チャレンジの過程で、世界中に本当に付き合いのある友人の山を築き上げている。責任感が強く、途中で投げることがないほど、粘着質の付き合いをしてくれる。単に友達が一杯いる、ということを公言する人は少なくないけれど、こう楽しそうに自らの友人について語り、聞く人には心底羨ましいと思わせる力のある人は多くないと思う。どういう力なのかこれ以上私に説明する能力がないが、凄いと思う。

Dairaさん: 「淡」
前回進化バトンを回してくれた友人。今は肉体的余裕(限界に挑戦?)がなさそうな生活をしているが、回すこととしよう。気分転換にでも。淡白というのが印象。熱いものを持ち合わせているようなのではあるが、その表現方法は押し付けがましいところが全くない。何もない。淡という文字は不思議な文字である。「さんずい」に「炎」と書く。めらめらしたものは水の下にひた隠すのか。何にせよ、私と正反対。私に淡いものは何もない。

ハム太郎(@mixi): 「厚」
わがはらから。体も厚ければ、情も厚く、何故か人望にも厚いようだ。近頃横浜のチビッコたちを鍛えているようである。がんばれ。
by danpeii | 2006-05-21 01:00 | 自己紹介

マイペース、お気楽、ノン・タイムリー日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31