新学期

長らく筆不精をしていると夏休みが終わってしまいました。ペルーは今日から新学期。2年連続で3月に授業開始、と教育相が発表していました。3月開始を2年連続と自慢げに語るところ、以前は違ったのか?と驚く次第。こちらは南半球なので、今は夏な訳ですが、夏休みはクリスマスに始まり2月末までだったということになる。これがその昔は3月末までだったとすると、さすがにそれは休みすぎでは?と思いたくなるので、3月開始はポジティブ。

さて、今年のペルーはビッグイベントが目白押しなのは皆さんご案内のとおり。5月16日にはヨーロッパ・中南米首脳会議の議長国ということでヨーロッパと中南米のトップが大集合。60カ国の首脳・閣僚が集まるということでこれは大変、ということで会議中は急きょお休みに指定されました。

そして、さらに11月には首脳会合が開催され、日本からも総理が来秘されることが期待されるAPECの議長国です。2月下旬から始まりました。APECに向けて各セクター毎に会合が開催されるので、リマだけでなく、いろんな都市で開催されるのですが、国内でも注目が集まる機会を利用していろいろと要求してやろうじゃないか、という機運になり、やりすぎたのはクスコ。暴動騒ぎの結果4月はじめの観光大臣会合の開催都市から外されることに。暴動騒ぎはまだおさまらないのですが、空港が閉鎖されたり、というので煽りを食らった観光客も多数。観光が唯一の産業という町なので、失われた経済利益は大きなものだろう、とペルー人自身が残念がっていました。南米随一の観光スポット「マチュピチュ」を要するかつての帝都の体たらくに、注目度の比較的低い南米のほかの観光スポットがちょっとした福にさずかっているのではないだろうか、などと想像します。無論、さすがは観光の王者クスコとだけあり、当のペルー中央政府も即クスコをAPECから締め出すことはせず、次回観光大臣会合の後の会合についてはまだ可能性をにおわせているような状況。やはりマチュピチュはペルーのシンボルの一つだから、その威光にはかなわない、ということでしょうか。

そんなわけで、多くの外国のお客様・賓客が御見えるになる今年は、恥ずかしい国を見せられないというので、首都の道路の再舗装が進められている!ペルーにきて3か月、そろそろ道のくぼみをよけながらの走行に慣れてきたのですが、はたと気づくと道が奇麗になっている、という体験を今日は多くしました。ガタガタ言わないし、蛇行運転も不要。やはりきれいな舗装は効率的。大きなイベントのときだけでなく日頃からメンテをしてほしいと思うものの、大きなイベントがそうしたことに気づく重要なきっかけなのでしょうね。(きれいになった道路の写真を撮りたかったのですが、きれいになった道路は交通量も多いということでそれは難しかった、というわけです。)
by danpeii | 2008-03-04 15:26 | 〇秘日記

マイペース、お気楽、ノン・タイムリー日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30