What a wonderful world.

ペルーの新聞に「El Comercio」紙というのがあり、広く読まれている全国紙となっている。このHPをホームに設定していて、会社では毎朝El Comercioのトップページから始める。今日は、先週末コロンビア軍がエクアドル国境地帯のエクアドル領を空爆したことを取り巻いて、ベネズエラ、コロンビア、エクアドルの三国関係がヒートアップしている中、エクアドル大統領がペルーに来訪したこと(ガルシア大統領は冷静に、と呼びかけたものの・・・)が多く取り上げられていた。コロンビア軍の空爆は自国の治安を害しているゲリラ組織であるFARCを隣国のエクアドルが根拠となっているという理屈で、ある意味、自衛権を主張しているが、拡大解釈甚だしいということで、今回はエクアドルの言っていること、つまりいかなる理由があっても隣国の主権的領土を空爆して良いということにはならない、という主張の方が素人目には理にかなっているように映る。コソボと言い、もはや常識と思っていたようなレベルでの主張の相違による国際紛争がにわかに増えているような印象を受けるというのは言いすぎか?

ところで、El Comercio紙のトップにはYoutubeのリンクがあり、今日は手による影芝居がアクセス数が多いというので出ていた。これは凄い。
http://www.youtube.com/watch?v=2awuWK6c6xE
小学校の頃、修学旅行やキャンプで消灯後に、どこからか洩れる光を光源にして遊んでいたようなレベルに毛が生えたもの?と思っていたら大間違い。表彰大会まであるということだから、ものを極めると何でも大変なことになるなぁ、と改めて感心してしまった。
by danpeii | 2008-03-05 15:35 | マイ流行

マイペース、お気楽、ノン・タイムリー日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30