位田会2007

a0045621_125973.jpg久しぶりに投稿。2月は結局一度も投稿できなかったことに反省。情報と呼べるほど大層なものではないけれど、発信力が低下していたのかと思い返される。仕事が忙しかったと言えばそうなのだが、書きたいことは沢山あったけれど、もう少しまとめてから、なんて思っているうちに次の出来事があって、そしてまた書きたいことがさらに溜まってしまう、というようなうちに何も発信しないままに結局時間ばかりが過ぎてしまう、という悪循環。分かっちゃいるけれど、というそれ。短くてもその時に新鮮なそのままに発信するのが重要だと改めて思い返された次第。(携帯電話からの発信はもう一つ好きになれなかったのも背景にある。)

さて、今日。今年もゼミ総会に行ってきた。去年、これまでは会えなかった人に会えたり、これまでゼミの先輩だとは知らずに過ごしていた人に会えて驚いたり。いろいろと考えるというよりは、いろんな人の来し方、これからの身の振りについてニュース盛り沢山でエキサイティングだった。

今年の参加に当たってのテーマはこってり話をする、というもの。朝新幹線の中でそう考えた。自分と相手の記憶に残る会話をしたい、と(いつもは私が、特に後輩に向かって、大量に話をする場合が多かったような気がして、、、)。ずばり「先輩と話をしたい」と突撃。二次会を喫茶店でするのが恒例なのだが、ことしはレストランの下の喫茶が貸切られていて入れなかったのでホテル・グランビアの喫茶に移動。そこでその先輩の隣に陣取り、周りを巻き込んでサービス精神をそこそこに先輩に徹底的にインタビュー。先輩は関西の某大学で教授をしているのだが、大学をどこに持っていこうとしているのか、というビジョンが面白かった。世界に向かって発信して、生徒を送り出していく役割を果たしていく大学。東京のオカミを向いてアイデンティティを毀損している(へつらった)感じがなく、自信に満ち溢れている感じが素敵だった。元気な大学というのはこういう大学を言うのだろう、と僭越ながら甚く感心してしまった。母校より元気だという自信をその先輩を持っていて、それが格好良かった。体当たりインタビューは成功。目線の高さの重要性を実感しつつ、また頑張ろうとメラメラと自分の中の電池にエネルギーを充填できた感じ。

また、来年が楽しみ。
# by danpeii | 2007-03-05 01:28 | 私的社会

ちょっくら出張

a0045621_1311168.jpg今日から出張。2週間。長いのか短いのか、色んな人の話を聞けば聞くほど分からなくなる。

さて出発駅は日暮里で、ここからスカイライナーに乗って行くのだが、毎度ホームの狭さに驚かされる。少なくとも確かなのは、スーツケースを曳きながら歩くのは至難の業だということ。よくこれで鞄を落としたり、足かを踏み外す人が出ないものだと感心してしまう。手摺のない崖では皆、いつも以上に慎重になるのと同じ効果によるのだろう。昔安藤忠雄氏の建築にはこうした人間の本能を刺激する考え方が流れているような話を記事で読み、とても感心したが、この駅は全く感心できない。

JRとの駅の一体性を高める改修工事をやっているが、安全を考えれば、このホームを先ず何とかすべきように思われる。そうでなければ空港アクセスを宣伝する資格は京成電鉄にはないと思うのである。
# by danpeii | 2007-01-14 13:11 | 商売評価

これはやっちゃいけない

a0045621_952648.jpg今年最初のエントリーです。もっとポジティブな内容からスタートを切りたかったところですが、たまらず書いてしまいます。

写真は今朝の通勤電車の中吊り広告。見て気持ちが悪かったので、何が原因なのか考えてしまいました。

(R25とL25の同じ広告での)同居がいけないと思います。特にこの構成、デザインはそれぞれのフリーペーパーのコンセプトの固有性や違いが損なわれており、全く興味を惹かなくなってしまっているばかりか、二人のイラストレーターの存在が雑然とした印象を与え、インパクトが完全に潰されていると思います。R25の広告であると分かるのに時間がかかりました。
何より、こういうデザインではスポンサーの製品メッセージが消滅してしまっており、広告効果は、はっきり言って無いに等しいと思うので、発行者はスポンサーのお金を浪費してしまっていると思います。

L25というのは影が薄く、存在意義が迷走していると思いますが、R25の知名度を利用して抱き合わせ販売をしたのは、逆にR25の個性やブランドイメージを潰しており、最悪のやり方だと思います。

「ホッチキスでとめたような」というのは斯くも逆効果なのかとおもうと、シナジーを出すのは、新しく作り直すよりよほど難しそうだと思い知らされます。
# by danpeii | 2007-01-12 09:05 | 商売評価

a0045621_6452227.jpg里帰りには京阪交野線を利用するのだが、先般写真のような車輛が走っていた。衝撃。

<追録>
我ながらよくよく見てみると「1930」と書いてあり、これは1900系であることが分かる。やはり、私市線に最新車輌は似合わない。しかし、中のシートは特急仕様ではなかったので、塗りなおしたのか?特急だけがまとえる、と思っていた色を支線の普通列車がまとっているのにはやはり不思議な感じがされるのです。この色は特急の高貴さ、枚方市駅には止まらなかった頃、唯一通過していく列車の傲慢さが宿っていたのだが、今や枚方市駅には特急も停車するようになって時がたち、時代は変った。
# by danpeii | 2006-11-26 06:45 | 私的社会

日産のセンス

a0045621_234246.jpg今朝の新聞の日産の広告の一部。パット見て「面白い」と思った。キラキラと煌めくフロントグリルが宝石のようで、隣の車の全体写真(省略)を見なければ、車の一部とも気が付かない。その一部を取り出して、漆黒の背景に浮かび上がるように組み合わせたセンスは面白い。

でも、何故だか、この面白さからはこの車に対する興味は湧かない。日産という会社のコマーシャルにしていたら、もう少しストレートにメッセージが消費者に伝わるのではないかと思ってみたり。
# by danpeii | 2006-11-14 23:42 | 商売評価

子孫繁栄2

a0045621_1585979.jpga0045621_1585970.jpg
我が家にはゴムの木があることは以前にも紹介したところで、前回は2本のうち、天井を突き破らんとしていた片方を切って株分けしたところまで書いた。

その後日談。切り取ったミドリJr.は当初たよりなく、元気もなかったのですが、ある時を境に葉がピンと張り、元気になったと思うと、今度はごくごくと水も飲むようになった。根が張ったのだろう。根が張ったゴムの木は死ぬ気がしません。

今日の本題はもう一本のミドリちゃん。こちらは相手を避けるが如く、開き気味に育った。要はまっすぐではなく斜め。これも天井についたので先々月だったか、ついに切った。

株分けの機会に矯正してやろうと、鉢には真っ直ぐ植えて土をかぶせたが、バランスは斜めに取られているようですぐに傾いてしまう。そのうち放っておくと、斜めのまま根付いてしまった。すくすくと斜めに育っいる。方向は間違っているが、妙に元気。まるで真っ直ぐ育つことに反抗しているようでさえある。このままいくといつか倒れるのは私の目には明らかなのだけれど、もしかすると自分でバランスを取りながら適切に枝振りを工夫するのかも、と期待がなきにしもあらず。倒れるまで手を出すべきでないのか、それとも、と考えつつ、当面は様子見。まずは自分で痛い目に合うがよかろう、とも思いつつも、もう少しバランスを崩しそうになったら副え木を差してやろうかと思う。

それから...
# by danpeii | 2006-11-11 15:08 | マイボス

ドトール考

a0045621_1393042.jpg初めて携帯からブログを書きます。書きづらいので、目標とするコンパクトな文章を書くようになれるのではないかと、自らに何とはなしに浅はかな期待をしたくなったりします。読者の皆様、悪文を、以前からのことながら、引き続きご容赦下さい。

さて、表題件。携帯取材第1号はドトールです。今日の私の晩御飯サプライヤーでした。私はドトールほどバランスの良い店はないのではないかと思いますが、何故か同じビル内では、同じ時間帯のスターバックスやマクドナルドに比べ、集客に失敗しているように感じます。

スタバほど高くないのに、ほどほど美味しいコーヒーが飲め、煙草も吸える(私は吸いませんが、気持ちは理解できます)。ホットサンドの充実はスタバの比ではない。マクドの油の臭いにうなされる事なく腹を満たせる。マクドも最近はサラダに力を入れているのは遅きに失しているとは思いますが、評価は出来ると思います。でも、ドトールのサンドイッチの方が健康系な感じがします。値段はマクドといい勝負ではないかと思います。

それにも関わらず、何故なのでしょうか。私はドトールに付きまとう、中途半端なチープ感のせいだと思ってます。間取りの悪さ、インテリア、立食スタイルなのに灰皿、カップの品質、そしてその結果、単にこれまでの「さてん」の客が流れて来ているだけで、新しい客層を開拓出来ていないのだと思うわけです。その点、確かにスタバもマクドもカルチャーとして新しい客層を開拓しているなぁ、とも思うのです。

しかし商品自体は良い訳で、私としてはいろんなを意味でドトールを応援したいと思うのです。

ドトールの根性ある取り組みに期待したいと思います。
# by danpeii | 2006-11-07 01:39 | 商売評価

自己満足バトン

自己満足バトンなるものを始めてみます。誰から回ってきたというものでもなく、勝手に始めるものです。勝手に書いて勝手に終わる。そう、別につなぐ目的も意味もない。真似したい人はどうぞ、止めません。でも誰にも回しませんので、誰にも回さないで下さい。
(ちなみに、バトンリレーの走者が一人のときはバトンはやはりバトンなのだろうか。それともただの筒?自分から自分にバトンを渡しては駄目なものなのだろうか・・・、とそんなことはさておき)



自己満足バトン(一問一答)
# by danpeii | 2006-10-17 01:00 | 自己紹介

シカゴ空港のリムジン

a0045621_152340.jpg先週出張に出てきた。行き先は中米で、今回は三カ国を回ってくるというもの。一カ国にベタっと三週間というのはやったことがあるのだが、それも結構うんざりした気持ちにさせられる。ところが、一週間ちょっとで三カ国を回って多くて3泊になると、異様に疲れた気持ちにさせられることを今回勉強した。もっと長い間出張したような疲労感がどっぷりとのしかかって来る。ま、何はともあれ他のメンバー(文字通り三週間出張している。三週間で8カ国)に先駆けて取り敢えず無事に帰国した。

More
# by danpeii | 2006-09-07 01:05 | 世界見聞

夏休み2006

a0045621_23113977.jpg 29日から2日まで4泊5日で初めて沖縄に行ってきました。今回のメインはダイビングで、慶良間諸島のうち渡嘉敷島の阿波連のサービスで2泊3日、前後1泊ずつ那覇という日程でした。恐れていた台風などの悪天候によって台無しになったり、帰京できなくなるなどのこともなく、期間中ずっと晴天に恵まれたため、焼けすぎだけには注意しながら、楽しく過ごすことが出来ました。

More...
# by danpeii | 2006-08-02 23:32 | マイボス

マイペース、お気楽、ノン・タイムリー日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30